2・3日ごとに経過観察

2020.05.30

再燃から1ヶ月、だいぶ調子を取り戻しました。食べる量もほとんど元通り、体重も徐々に戻っています。食べる食べないはホントにスグに体重に反映されます。今度は増えすぎないよう注意しなければ。

前にも少し書いたかも知れれませんが、体調の上がり下がりを見るとき、大体2・3日前と比べてどうかを捉えるようにしています。



当たり前のことですが、人間の体調なんてのは元々波があります。元気な人でも調子が悪い日もあるし、持病さんでも調子が良い時もあります。

昨日は良かった、今日は悪い、といって一喜一憂しても体調に振り回されるだけなので、かえってストレスにもなりかねません。

そうならないように、ただ体調の変化は感じ取って必要な対処はしないといけないので、2・3日前と比べて上り調子か下り調子かを判断するようにしています。

最近はボチボチ良い感じなのでプレドネマ注腸は2日に1回寝る前にやっています。そういえば、副作用についてあまり記載していませんでしたのでここいらで少し触れておくと…

経口の、つまり錠剤で飲むステロイドと違い、注腸は大腸へ直接的に作用するので副作用は出にくいとされています。ただステロイドはステロイド重篤な副作用ではないのですが、それらしき症状は現れます。

私の場合は、喉の渇き・発汗量の増加・尿量の増加あたりを体感します。薬剤師さんに聞くとどれも大したことないようですし、日常生活に支障もないのでそこまで気になりませんが。

ステロイドには他にもメチャクチャ副作用が多いですし、重篤なモノもあります。急に投薬を中止するのもNGだったりします。



5月もいよいよ終わってもうすぐ6月、延期していた通院も再開します。

再燃するとやっぱイムランとか別のお薬試した方が良いかななんて思いますが、少し調子が戻るとすぐ悪かった時のこと忘れちゃうからなぁ。

先生と相談してみようと思います。

<登録サイト> 関連するブログをお探しいただけます


ブログランキング・にほんブログ村へ 
2020.05.30 07:50
固定リンク | 病気・潰瘍性大腸炎

- CafeNote -