レミケードから2週間

2021.01.18

2回目のレミケードから2週間が経ちました。特に副作用はありません。というかレミケード点滴した時が風邪っぽくて調子悪かったので、そこから比べると元気になっています。

低確率ながら重篤な副作用が出ることもあるので、今のところそういう目に遭っていないのは有難い話です。あ、入院中に腎炎は併発しましたが。


いままで潰瘍性大腸炎の治療でメインどころはやってきましたが、5-ASA<GCAP<レミケード<ステロイド注腸<経口ステロイドという感じでしょうか。

5-ASAはほぼ何もない代わりにほぼ効いていない感じです。苦笑 毎日毎日2年間きっちり飲んでその後飲むのを止めても、活動期⇔寛解期のバイオリズムが全く変わらなかったので、中止しています。

GCAPも特に副作用はありませんでした。初回だけ終了後の頭痛がひどかったですが、ロキソニンですっかり解消する程度でした。その後は何とも無かったです。

レミケードは腎炎が辛過ぎましたが、レアなケースだとは思います。ただ免疫力が低下するのは間違いなさそうなので、初期は特に色んな感染症・合併症に注意した方が良さそうです。

ステロイド系は私の場合、目に見えて色々体調に影響が出ました。多汗・皮脂の増加・食欲増進など、重篤ではないにしても、日常生活に影響を及ぼすこともちょいちょいありました。


まぁ副作用が出るほど強い薬なので、効果としても期待できるかもしれませんが、その影響が大きいとなかなかツライものです。

夏にステロイド飲んでた時は、仕事で外に出ると汗ダクダクで、お客さんに会うにもかなり気を遣いました。お肌の状態もメチャ気になりましたし。

なるべくなら効くところに効いて、副作用が小さい自分に合った薬で、うまいこと過ごしたいものですね。

<登録サイト> ポチッ!でランキングが上昇し更新意欲も上昇します!


ブログランキング・にほんブログ村へ


2021.01.18 21:30
固定リンク | 病気・潰瘍性大腸炎

- CafeNote -