セカンドオピニオン リターンズ①

2020.10.23

前にセカンドオピニオンに関する記事を虫歯の治療で書きました。今回もまた、セカンドオピニオンについてです。そしてまた、虫歯についてです。

前回の記事はこちら【セカンドオピニオン…虫歯】



先日カタイものを噛んだ時に、昔治療で付けていたセラミックが欠落しました。歯の1/4くらいがポッカリ空いた状態でさすがに違和感満載だったのでとりあえず近くの歯医者へ。

家から一番近いですが、やたら治療を勧めてくる歯医者で行かなくなっていました。今回はすぐ見てくれるということで、やむなしです。

急患扱いで待たされるかもと思っていたら意外と早めに呼んでもらい、頼んでもないのにレントゲンとられました。親切丁寧ですね。

前に治療を予定していたところがそのままなのと、レントゲン見せられてここに影が有るだのと説明を受けました。治療の説明とかはメチャ丁寧。

とりあえず従順な犬みたいな顔をして説明を聞き終えます。説明だけ聞いてると間違っちゃいないし、レントゲンもあるし、その通りなのかも。


でも…

3年以上前に削ることをおススメされた歯は今もこうして痛くもかゆくもなく元気に残ってます。それがどうしても引っ掛かるんです。

ダメだ!

一瞬このままここで治療を進めようかとふらつきましたが、この歯医者はやっぱ私の歯を削りたくて仕方ないから、ダメ!

型を取る寸前でストップしてもらい、仕事で他県にいることが多く治療を続けられないと、なんかよくわからない言い訳をして、応急処置に切り替えてもらいました。

セーフ!

欠落したところに一時的な詰め物をしてもらい、今後はめでたく別の(いつもの)歯医者さんで治療をすることになりました。

早速いつもの歯医者へ予約。相変わらず人気なのか最短で1週間先ですが、とりあえず応急処置は済んでいるので1週間後に診てもらうことにしました。


そんな1週間後の今日、いつもの歯医者さんへ行ってきました。地域NO.1の評判の歯医者さんです。が、正直言って定期検診だけで治療はなかったので、いつも歯科衛生士さんにクリーニングしてもらって、先生には30秒くらいで「ヨシッ!」て言われて終わりでした。

そんな自分が今回の歯が欠けた!のトラブルで、この歯医者さんの実力をまざまざと見せつけられることになるのです。記事長くなったので続きは次回でお願いします!


<登録サイト> 関連するブログをお探しいただけます


ブログランキング・にほんブログ村へ 
2020.10.23 23:00
固定リンク | 病気・潰瘍性大腸炎

- CafeNote -